カリフォルニアのピノ・ノワール

ピノ・ノワールってなに

f:id:souuu-1127:20170311210203p:plain

ピノ・ノワールとは、ぶどう品種の一つです。
フランス・ブルゴーニュ原産の赤ワインぶどう品種なんですが、昔と違って世界の色々な場所で栽培されるようになってきました。
それだけ栽培が難しく、土地や気候を選ぶような品種なのです。多くの生産者が憧れるぶどうなのです。

それゆえ、他のぶどうとブレンドされてワインが作られることは少なく、
ピノ・ノワールのみでワインが造られることが多いのです。 →単一品種ワイン





ワイン好きじゃなくても聞いたことあるワインで
ロマネ・コンティ
って聞いたことありますよね?とにかく高いあのワイン。
あれ、ピノ・ノワールの単一品種ワインです。Gacktがしょっちゅう飲んでるらしいです。w

昔はピノ・ノワールといえばブルゴーニュという話もあったぐらいらしいです。今は違います。

どんな味?

簡単にいえばイチゴ!
簡単に言い過ぎました。

果実味たっぷりのベリー系でさくらんぼみたいなフルーティーな味わいがあります。

香りも華やかでエレガント。すみれの花の香りがするという表現も聞いたことがあります。渋くて重たいワインの正反対といったところでしょうか。
個人的な意見ですがワインを飲み始めるには、案外おすすめできると思います。

見た目(外観)も、どすんと濃い色ではなく、淡く薄い色をしています。グラスの奥まで見通せるぐらい。



f:id:souuu-1127:20170311213037j:plain


アメリカ(カリフォルニア)のピノ・ノワール

f:id:souuu-1127:20170311213648p:plain


ピノ・ノワールが美味しいのはブルゴーニュだけじゃない!
ということで、アメリカのピノ・ノワールについて紹介します。


そもそもアメリカといえばカリフォルニアワインが有名ですよね。

アメリカのあるワイン好きおじ様が、ボルドーに行ってワインの美味しさに仰天してアメリカ・カリフォルニアでもそんなワインを造りたいと願った結果が、カリフォリニアワインのベースを作り上げたと言われています。

その人が作ったワインは

f:id:souuu-1127:20170326011351j:plain


そう。オーパスワン(Opus One)です。このエチケットは見たことある人も多いのではないかな、と思います。


そんな高級ワインを生み出すカリフォルニアにも2つの有名産地があります。

ナパバレー
 と ソノマバレー


f:id:souuu-1127:20170326012127j:plain


この2つだけではなく、他にも有名な産地はいくつかありますが今回はこの2つの産地にクローズアップです。
といってもカリフォルニアだけで、アメリカワインの9割あります。


そんなこんなで
まずはナパバレー

ナパバレーは上記のオーパスワンが造られている産地です。カベルネソーヴィニヨン主体のワインが多く、赤身肉に合わせるにはもってこいですね。

一方ソノマバレーは、ピノ・ノワール主体のワインが多いです。


あれ?この構図なんか聞いたことございませんか?


そうです。フランスのボルドー(カベルネソーヴィニヨン)とブルゴーニュピノ・ノワール)の関係に似ていますよね。


そんなざっくりなイメージだけでも知っておくとアメリカワインを選ぶ際も選びやすいのではないでしょうか。



本日のワイン

安くて美味しいソノマのピノ・ノワール飲みたい!!!そんな僕が今日飲んだワインです。


ブエナ・ヴィスタ・ソノマ・ピノ・ノワール 2014
BUENA VISTA SONOMA PINOT NOIR


f:id:souuu-1127:20170311211552j:plain


アメリカらしい果実味とどかんとしたパワフルなニュアンスがあり、とても力強いワインでした。
やはりブルゴーニュピノ・ノワールとは一線を画しますが、値段を考えたらコストパフォマンスに優れた美味しいワインでした。



f:id:souuu-1127:20170311211537j:plain

エチケットの液垂れ(;_;)
てかグラス汚い!!
すいません。黒が背景だと目立つんですよねー




f:id:souuu-1127:20170311212934j:plain