読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イタリアワインの入門編

ワイン

イタリアワイン

ワインと言えばフランス。

あながち間違えではないですが、ワイン生産地の知名度でいえばフランスに負けていないのがイタリアです。


イタリア全土でワインが造られ日常的にワインは飲まれています。イタリアには20州に分けることができ、ほぼ全州でワインが造られています。それだけ気候、土壌もワインに適した地といえるでしょう。

f:id:souuu-1127:20170223040104g:plain


しかしながら、イタリアには土着品種といって、その地特有のぶどう品種が数千種類もあります。フランスみたいに、大きな地方ごとにぶどう品種が限定されるっていうことがないのです。
そんなこんなで味が全く予想のつかないワインが多いのです。当たりハズレも多くなりますよね。色々なバラエティにとんだワインを試したいって方にはいいでしょうが、全てを網羅するのも大変なこととなりますね。
かといってフランスに劣るわけではありません。

有名な名前でいうとキャンティ、バローロバルバレスコ、ソライアetc.....

フランスの「ボルドー・ブルゴーニュ」の二大巨塔のようにイタリアにも二大巨塔があります。

トスカーナピエモンテ

イタリアワインを知るには、この2つの地方はまずおさえておきたいところです。
よくトスカーナワインはフランスのブルゴーニュと対比され、ピエモンテワインはボルドーと対比されます。

トスカーナサンジョベーゼというぶどう品種を用いたワインが多く、ブルゴーニュのピノ・ノワールのようなチェリーのような果実味が感じられるワインが造られています。タンニンもそこまで感じずやさしいバランスのとれた印象ですね。




f:id:souuu-1127:20170223042708j:plain



反対にピエモンテネッビオーロというぶどう品種が用いられ、ボルドーカベルネ・ソーヴィニヨンのような重いタンニンのしっかりとしたずっしり系のワインが造られています。


f:id:souuu-1127:20170223042756j:plain





キャンティ

今回はトスカーナ
そのトスカーナで造られるワインで有名すぎるワインは
キャンティがあります。



トスカーナ州のキャンティ地方で造られるワインはキャンティと名乗ってokなのです。世界中で知名度も高く、評判の良いワインが造られておりイタリアワインを語るにはキャンティは外せないと思います。

しかし、キャンティはキャンティでもキャンティ・クラシコというものがあります。
キャンティと名乗れば売れると思ったワイン醸造家たちは、むやみやたらにキャンティを名乗って販売を始めるようになりました。そこで昔から伝統的にキャンティを造る醸造家のワインはキャンティ・クラシコと名乗ることにしたのです。その代わり、サンジョベーゼを最低でも80%以上使用する、などのいくつかの基準を設けて。だからあまりキャンティだからって美味しいって鵜呑みにしないほうが無難です。


数あるキャンティも値段がピンからキリまであります。まず1000円代のキャンティから飲んでみて、お口にあえばキャンティ・クラシコを試してみるのがよさそうですね。


本日のワイン

ゾーニン・アルボラ・キャンティ
Zonin Albola Chianti

そこまで高くないです。2000円しないぐらいだった記憶が。

f:id:souuu-1127:20170223035144j:plain


f:id:souuu-1127:20170223035151j:plain


料理に合わせやすく、アタック軽めでまろやかなタンニンと酸味がバランスのよい印象でした。飲み疲れもしないし、気軽に風呂上がりに飲むにはもってこいかと思いました。美味しかったです。

ご馳走様でした。