読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワインが苦手な人でもお試しあれ

ワインが苦手


「私、サングリアだったら飲めるー」

「渋くてアルコール度数のお酒は飲めなーい」



先日、大学の友人との飲み会での言葉でした。


おいおい、そんな事言ってちゃ人生損してるぜ!!!キリッ

f:id:souuu-1127:20170212234622p:plain



敷居の高いワインに見られがちですが、世の中にはそんな彼女たちのようなワイン初心者にでも嗜んでもらえるワインはごまんとあると思っております。

ワインが水より安い国があるぐらいなんですから、もっとカジュアルに楽しんでもらいたいという願いがあります。



まずは飲みやすさ重視


まずは「飲みやすいワイン」からスタートしましょう。

ここでいう私が考える飲みやすいワインとは、

  • タンニンから起因する渋みが少ないワイン
  • アルコール度数の低いワイン
  • 口当たりがまろやかで、酸味が少ないワイン


消去法で浮かび上がったワインがあります。


アイスワイン a.k.a (デザートワイン


f:id:souuu-1127:20170213000752j:plain


このように凍った状態のぶどうを用いたワインのことを指します。それによって非常に甘口なワインが出来上がります。
凍ることによって、ぶどうの成分が凝縮され糖度が高くなります。日本の渋柿も干すことによって、渋みが抜けて甘くなりますよね。そんな類です。アルコール度数も、普通のスティルワインが平均15%に対し、アイスワイン等のデザートワインは10%切ります。かといって飲みすぎたら駄目ですが。

食後のデザートのように飲まれることが多いです。


有名な産地は、ドイツやカナダ、フランス(貴腐ワイン)等の地域で造られています。
厳密に言うと貴腐ワインは、アイスワインとは別物です。甘口ワインとして紹介させていただきました。また貴腐ワインの記事も書いていきたいと思います。

本日のワイン

ウェルヴェルスハイマー・アウレンベルク シルヴァーナ・アイスワイン ドイツ
UELVERSHEIMER AULENBERG SILVANER EISWEIN 2010 375ml


なげーよなまえw
背景が黒色で見にくてすみません。

f:id:souuu-1127:20170212233951j:plain


f:id:souuu-1127:20170212234044j:plain


こんな感じの細長いワインボトルが特徴的ですね。ドイツワイン特有の形です。

シルヴァーナーらしく、酸味の少ないアイスワインでは有りながら軽やかな印象。
でも一杯でいいや。なんて思ったりもしました。やっぱり辛口のほうが本領を発揮する品種なのかな。


でも飲みやすい、甘い!!


まずはこういったワインから手を出してみてはいかがでしょうか?