バレンタインに贈るワインと言えば♡

久しぶりに連絡を取った友人が、JSAソムリエ資格を取得していたみたいで俄然やる気が出てきました。

昨年末、やっと受験資格を取得できソムリエ資格の取得を決意いたしました。
いかんせん一次試験はどれだけの情報を暗記し、頭に叩き込むかが勝負になってきており、覚えては忘れの連続の日々です。年内にぶどうバッチを手に入れられるよう精進いたします。


愛を伝えるハートのエチケット


シャトーカロン・セギュール  CH.Calon Segur



f:id:souuu-1127:20170212031510j:plain


これだけ色々なワインが世に流通していても、バレンタインにぴったりのワインカロン・セギュールではないでしょうか。もはや定番中の定番ですね。似たようなハートをあしらったエチケットのワインがたくさんありますが、それらの元祖のようなものでしょうか。


このハートマークにも意味があります。
前回少しですが触れたメドック5大シャトー。そのなかにはシャトー・ラトゥール、シャトー・ラフィットという偉大なシャトーがあります。それらを所有していたのが



ニコラ=アレクサンドル・ド・セギュール侯爵

f:id:souuu-1127:20170212032614j:plain
写真はイメージですw


そんな彼はこんな名言を残しています。


「ラフィット、そしてラトゥールにても私はワインを造ってきた。しかし私の心はここ、カロンにある…」

名誉あるメドック1級の畑達ではなく、3級のカロン・セギュールへの思いがこのようなハート(心)のエチケットになったそうです。感慨深いですね。


それゆえ心のこもった贈答品としての人気が高く、特にバレンタインには入手も困難となるようなワインとなったのです。
愛するパートナーへのプレゼントとしてはいかがでしょうか。私もいつか贈ってみたいものです。


f:id:souuu-1127:20170212033600j:plain





フルボトルだけではなく、ハーフボトルもあるようです。

バレンタインによく耳にする曲