読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワインと価格って比例するの?

ワインの値段

ワインってコンビニにあるような数百円のワインから、超高級ワインのような数十万円するようなワインもあるしピンからキリまでありますよね。
もちろん値段が高くなるということは、それだけ価値のあるワインなのですが。
それってなぜ?

f:id:souuu-1127:20170226030007j:plain


当然安いワインには、添加物たくさんで大量生産。その上ぶどうの収穫も機械で良質じゃないぶどうも一緒に造られます。とにかく値段を抑えるためにコストを下げます。機械収穫が悪いって意味じゃないので悪しからず。


f:id:souuu-1127:20170226030304j:plain


しかし、高いワインは優れた土地で選り好みのぶどうを人の手で収穫したり、管理や流通にも気を遣っています。それなりにコストがかかっているわけです。

f:id:souuu-1127:20170226030312j:plain





生産量も少ないのに欲しい人も増え、値段も高騰してしまう。この辺の話は需要と供給の話なので、みなさん分かって頂けると思います。

余談ですが、最近では某アジアの国のおかげで、ボルドーやブルゴーニュワインの価格破壊が起こっています。富裕層たちが買い占めて、ワイナリーも買い占めて。数年前では考えられない値段がついてるワインもあるぐらい。



値段と味は比例するのか


本題に移ります。ワインなんて食事のおともだし、なんでもいいやって人はこれから先は読まなくて結構です。

あくまで美味しいと判断するのは、各個人の判断になりますのでなんとも言い難いところではあるのが正直なとこですが。。。(そんな曖昧なこというなら記事にするな!w)


数百円のワインが美味しいと思えば、美味しいでいいと思いますし。数万円のワインが不味いのであれば、その人にとっては不味いのかもしれません。美味しいの基準なんて個人差ありますよね。



ただ私個人が思うのは、値段と味は比例すると思います。(ブショネは除いて)


私自身の経験談ですが、数万円もする高級ワインから数百円の安いデイリーワインのようなワインを数多く飲んでると、舌が肥えてきます。(笑)

f:id:souuu-1127:20170209165505p:plain


ただ間違いなく、甘い・渋い・軽い・重い以外の複雑で微妙な味を感じられるようになってきたつもりでいます(笑)
そんな感性を引き出してくれるのが美味しいワインなんじゃないのかな、と個人的に思っています。


そういった美味しいワインは総じて高級ワインに多いです。はい。



つまり飲み手の舌が試されてくるのです。
ワイン飲んだことない人が、DRC飲んでも何も感じないですよね?
「あ!美味しい!」
以上なんですよ。

じゃあ何飲めば良いの



安いワインから高いワインからじゃんじゃん飲んじゃってください。
(笑)


高いワインはそんなじゃんじゃん飲めねーよ。
って方は、たまにでもいいので飲んでみるといいと思います。たまにでもいいので、5000円以上のワインに手出してみてください。

そうして一緒に舌を鍛えていきましょう。そして感動してほしいと思います。自分の感性の豊かさに。
僕は恥ずかしながらそんな自分に酔いしれた瞬間がありました。

そうしてワインの素晴らしさを感じていく人が増えればいいな。と思います。ナチュラルに自分の価値観でいいのです。


ただ!あんまりワインのこと語ると、嫌われるみたいなので御注意を。(笑)

f:id:souuu-1127:20170226034040j:plain






イタリアワインの入門編

イタリアワイン

ワインと言えばフランス。

あながち間違えではないですが、ワイン生産地の知名度でいえばフランスに負けていないのがイタリアです。


イタリア全土でワインが造られ日常的にワインは飲まれています。イタリアには20州に分けることができ、ほぼ全州でワインが造られています。それだけ気候、土壌もワインに適した地といえるでしょう。

f:id:souuu-1127:20170223040104g:plain


しかしながら、イタリアには土着品種といって、その地特有のぶどう品種が数千種類もあります。フランスみたいに、大きな地方ごとにぶどう品種が限定されるっていうことがないのです。
そんなこんなで味が全く予想のつかないワインが多いのです。当たりハズレも多くなりますよね。色々なバラエティにとんだワインを試したいって方にはいいでしょうが、全てを網羅するのも大変なこととなりますね。
かといってフランスに劣るわけではありません。

有名な名前でいうとキャンティ、バローロバルバレスコ、ソライアetc.....

フランスの「ボルドー・ブルゴーニュ」の二大巨塔のようにイタリアにも二大巨塔があります。

トスカーナピエモンテ

イタリアワインを知るには、この2つの地方はまずおさえておきたいところです。
よくトスカーナワインはフランスのブルゴーニュと対比され、ピエモンテワインはボルドーと対比されます。

トスカーナサンジョベーゼというぶどう品種を用いたワインが多く、ブルゴーニュのピノ・ノワールのようなチェリーのような果実味が感じられるワインが造られています。タンニンもそこまで感じずやさしいバランスのとれた印象ですね。




f:id:souuu-1127:20170223042708j:plain



反対にピエモンテネッビオーロというぶどう品種が用いられ、ボルドーカベルネ・ソーヴィニヨンのような重いタンニンのしっかりとしたずっしり系のワインが造られています。


f:id:souuu-1127:20170223042756j:plain





キャンティ

今回はトスカーナ
そのトスカーナで造られるワインで有名すぎるワインは
キャンティがあります。



トスカーナ州のキャンティ地方で造られるワインはキャンティと名乗ってokなのです。世界中で知名度も高く、評判の良いワインが造られておりイタリアワインを語るにはキャンティは外せないと思います。

しかし、キャンティはキャンティでもキャンティ・クラシコというものがあります。
キャンティと名乗れば売れると思ったワイン醸造家たちは、むやみやたらにキャンティを名乗って販売を始めるようになりました。そこで昔から伝統的にキャンティを造る醸造家のワインはキャンティ・クラシコと名乗ることにしたのです。その代わり、サンジョベーゼを最低でも80%以上使用する、などのいくつかの基準を設けて。だからあまりキャンティだからって美味しいって鵜呑みにしないほうが無難です。


数あるキャンティも値段がピンからキリまであります。まず1000円代のキャンティから飲んでみて、お口にあえばキャンティ・クラシコを試してみるのがよさそうですね。


本日のワイン

ゾーニン・アルボラ・キャンティ
Zonin Albola Chianti

そこまで高くないです。2000円しないぐらいだった記憶が。

f:id:souuu-1127:20170223035144j:plain


f:id:souuu-1127:20170223035151j:plain


料理に合わせやすく、アタック軽めでまろやかなタンニンと酸味がバランスのよい印象でした。飲み疲れもしないし、気軽に風呂上がりに飲むにはもってこいかと思いました。美味しかったです。

ご馳走様でした。